抜かない・削らない治療

保存治療への徹底的なこだわり

保存治療

保存治療とは、歯を抜いたり削ったりする治療をできる限り避け、天然の歯を長持ちさせる治療のことです。虫歯になった部分を抜いたり削ったりすることは簡単ですが、将来的に選択できる治療の幅を狭めてしまいます。当院では、患者さまにとって負担になる治療をできるかぎり避け、天然の歯を守る治療を心がけています。

削らないでどうやって治療するの?

削らない歯科治療

現在の医学では、虫歯になった部分をまったく削ることなく治療することは難しいことです。しかし、削る範囲を少なくすることはできます。当院では次の点に取り組んでいます。

①レーザー治療で虫歯組織のみを除去

レーザー当院では歯科用レーザーを導入しています。

この器械は、水分を多く含んでいる虫歯組織だけに反応して虫歯組織のみを除去してくれます。

ドリルを使った虫歯治療では、健康な歯も削ってしまうおそれがありますが、レーザーなら虫歯組織のみを除去することが可能です。

②予防意識を高める

予防歯科保存治療の考えでは、虫歯にならない事が一番大切です。虫歯さえなければ一切削る必要が無いからです。

当院では、歯のクリーニングや歯周病予防を定期的に行うことをすすめています。

また、当院では「あいしくらぶ」という予防専門クラブを設立し、戸田地域に予防の考えを広める活動を行なっております。詳しくはあいしくらぶページをご覧ください。

歯を抜かないために行っている当院の取り組み

抜かない歯科治療

虫歯がかなり進行していたり、歯の神経が通っている根管が折れてしまったりすると抜歯を避けることは難しくなります。しかし、それ以外の場合には抜歯を回避することができます。具体的な例をご紹介しましょう。

①根管治療へのこだわり

根管治療(歯の神経治療)虫歯によって歯が溶かされていくと、最終的には歯の神経を侵してしまいます。ここまで進んだ虫歯に対しては、根管治療が行われます。

しかし、この根管治療は決して簡単な治療ではありません(詳しくは根管治療のページをご覧ください)。

当院ではこの根管治療に最新のレーザー治療器やニッケルチタンファイルなどを駆使して再発しないよう、丁寧に行なっております。

②歯周病治療に対するこだわり

歯周病大人が抜歯せざるを得なくなる原因として一番多いのは歯周病です。軽度や中度の歯周病であれば、歯を抜く必要はほとんどありません。しかし、重度になってしまうと、一般の歯科医院での治療が難しく、抜歯になる場合があります。

当院では、歯周外科治療や歯周再生治療という高度な歯周病治療を選択することができます。もし、他院様で歯周病による抜歯をすすめられた場合でも、症状によっては回避可能かもしれません。(詳しくは歯周病のページをご覧ください)

③予防に優るものなし

予防歯科歯周病にしても虫歯にしても、症状が軽い段階で治療したり、そもそも病気を予防したりしていれば抜歯になることはありません。

予防意識の高い欧米では、80歳になっても歯が20本残っている人が多いです。当院では、悪くなってから通うのではなく、悪くならないために通う予防歯科をおすすめしています。

当院で行なっている「特別な大人の予防くらぶ」である、あいしくらぶのページを、ぜひご覧ください。