痛くない親知らず抜歯

抜く?抜かない?親知らずのウソ・ホント

以前の歯科治療の考え方では、親知らずは悪さをするので抜いたほうが良いとされていました。しかし、現在多くの歯科医院では、できるだけ抜かない治療方針がとられています。もし、親知らずを抜こうと考えておられるのであれば少し待ってください。ここで、須藤歯科医院の親知らずに関する治療方針をご説明いたします。

親知らずは、再利用できるかもしれません

将来別の歯を抜歯する必要があったとき、親知らずが残っていると移植して使うことができる場合があります。

もちろん、歯の形やその他の条件が良くないと使えませんが、今の時点で口のトラブルを起こしていない親知らずに関しては、すぐに抜く必要はありません。

でも、こんな親知らずは抜いたほうが良い

親知らずと感染症

抜かなくても良いとはいえ、親知らずのせいで口のトラブルが起こっている場合は、抜歯せざるを得ません。特に次のような場合はすぐにでも抜く必要があるでしょう。

  • 発達しておらず、歯ぐきから出ていない親知らずが内部で膿んでおり、強い痛みがある
  • 歯ぐきから出ているものの、形がいびつで歯磨きがうまくできず、虫歯や歯周病になるリスクが高い
  • 隣の歯を押しており、歯並びが悪くなっている
  • 変な生え方のせいで噛み合わせが悪くなっており、他の健康な歯に悪影響を及ぼしている

意外と痛くない!?親知らずの抜歯

抜歯するときには麻酔を使うので痛くありませんが、麻酔が切れてくると痛みがでてきます。そんなときは処方されている痛み止め薬を服用してください。実は、術後にどれくらいの期間痛みが続くかどうかは、抜歯にかかった時間に比例しています。スムーズに治療が終われば終わるほど痛みも早く収まります。当院では、熟練のドクターが抜歯を担当し、患者さまの負担をできる限り軽減できるように取り組んでいます。

ドライソケットが引き起こす痛み

親知らずを抜いた部分にはぽっかりと穴が空いています。この部分には血が溜まって固まることによって患部が保護されるようになっています。

しかし、まれに血が固まらずに患部が露出したままになってしまうことがあります。それがドライソケットという症状です。その患部に食べかすや雑菌が入り込むと痛みが出てしまいます。人為的に出血させるか、フタの役目をする素材を埋めて痛みを抑えます。

抜歯時間が短いほど術後の痛みも早く収まる

抜歯するときには麻酔を使うので痛くありませんが、麻酔が切れてくると痛みがでてきます。

実は、術後にどれくらいの期間痛みが続くかどうかは、抜歯にかかった時間に比例しています。

スムーズに治療が終われば終わるほど痛みも早く収まります。当院では、熟練のドクターが抜歯を担当し、患者さまの負担をできる限り軽減できるように取り組んでいます。

戸田で親知らずの抜歯をお考えの方は、ぜひご相談ください

親知らずの抜歯

親知らずは、抜いたほうが良い場合と抜かないほうが良い場合があります。戸田で親知らずを抜歯するかどうかお悩みの方は、ぜひ当院にお問い合わせください。将来、再利用できかできないかの診断もできますし、もし抜歯となっても、できるだけ痛みを抑えながらの親知らずを抜くことができます。ご相談お待ちしております。