矯正歯科

大人と子どもの無料矯正相談(セカンドオピニオン)実施中!

無料矯正相談(セカンドオピニオン)実施中

歯列矯正は、虫歯や歯周病の治療とは違った分野です。当院では、矯正の治療に関しては専門の矯正医が担当しております。矯正治療は、大人と子どもの場合では考え方が異なります。どんな治療が必要なのか、気になる費用など、無料でご相談をうけたまわっております。お気軽にご相談ください。

日本矯正歯科学会認定医が担当します

当院で歯並び矯正治療を受診された場合は、日本矯正歯科学会の認定医資格を保持する矯正歯科のスペシャリストのドクターが担当させていただきます。もちろん、無料相談もこの矯正医が行いますので、ご安心下さい。

歯科矯正

目立たない矯正が可能な大人の矯正治療

目立たない歯の矯正

矯正装置と聞くと、歯に金属のものをつけ、ワイヤーが通って目立つというイメージがあるかもしれませんが、当院では目立ちにくい次のような矯正装置を選択することが可能です。すべての症状で選択できるわけではありませんが、患者さまの症状に対してできるだけ目立たない矯正治療法をご提案しています。

  • マウスピース矯正

    マウスピース矯正透明なマウスピースによって歯並びを調整する方法です。つけていることに気づかれにくいです。取り外しも可能で、食事や歯磨きの邪魔をすることがありません。適応症例が限られます。

  • ホワイト矯正

    ホワイト矯正構造は一般的な矯正装置と形は変わりませんが、素材が違うので目立ちにくいです。ワイヤーとブラケットを、歯の色と同じ白にすることで同化して見えるので、比較的目立ちづらいです。

 

矯正歯科認定医から矯正をお考えの方へメッセージ

矯正歯科専門医

矯正治療は長期にわたるため、何よりも患者様とコミュニケーションをとり信頼関係を築くことを心がけております。検査の上、メリットデメリット等を十分ご説明し、納得していただいた上での開始となります。

かみ合わせ・見た目・口が閉じれないといった機能的な問題など、気になることがありましたら、セカンドオピニオンも対応しておりますので、歯並びのことならお気軽になんでもご相談ください。お気軽にご相談ください。

お子さまに歯列矯正を受けさせたいとお考えの親御さんへ

子供の歯列矯正子どもの方から歯並びを治したいと言い出すことはあまりないかもしれません。

しかし、歯列矯正は、大人になったときにやっていてよかったと思える治療です。

子どもの頃にはあまり感じないかもしれませんが、歯並びが良いことのメリットはたくさんあります。そのことに気づいたとき、心からありがとうと言ってもらえるに違いありません。歯列矯正は、親が子どもにしてあげることのできる素晴らしい贈り物なのです。

大人の歯列矯正をご検討中の方へ

大人の歯列矯正大人になってから歯の矯正治療を行う場合、できるだけ短期間で終えられることと、できるだけ目立たないように治療することを希望される方が多くいらっしゃいます。

当院では、さまざまな要望に応えることができるように、複数の矯正治療法を導入しています。

目立ちにくい治療から、治療期間を短くできる治療まで、患者さまのお仕事や生活習慣などを考慮しながら適したプランをご提案させていただきます。

当院で実際に行った矯正治療例

下記は当院で実際に行った矯正治療の症例写真です。ぜひ参考になさってください。※写真クリックで拡大します。

  • 過蓋咬合

    過蓋咬合

  • 上顎前突

    上顎前突

  • 叢生

    叢生

当院で実際に行った小児矯正治療例

下記は当院で実際に行った小児矯正治療の症例写真です。ぜひ参考になさってください。※写真クリックで拡大します。

  • 叢生

  • 受け口

歯列矯正治療の対象となる歯並び

歯の矯正が必要な歯並び

歯列矯正が必要になるほどの歯並びは歯列不正と呼ばれる状態です。ここでは、歯列矯正での治療が勧められている歯列不正の種類をご紹介します。

  • 出っ歯(上顎前突)

    上顎前突日本人にはおなじみの歯列不正で、上の前歯が前方に突き出している状態です。その人の印象を大きく決定づける要素になっています。

  • 開咬(かいこう)

    開咬奥歯で噛んでいる状態で、上下の前歯が噛んでいません。普段の生活でも上下の前歯に隙間が空いています。口が閉じられない状態です。

  • 受け口(下あごが出ている)

    受け口出っ歯とは逆の状態で、下の前歯が上の歯よりも前方に突き出しています。あごが出ている印象を与えてしまいます。

  • 叢生(らんぐい歯)

    叢生乱ぐいとも呼ばれています。歯がさまざまな方向に向かって生えており、歯並び全体が乱れています。上下の歯が噛み合っていないので、お口全体のトラブルを引き起こします。

  • すきっ歯(空隙歯列)

    空隙歯列すきっ歯とも呼ばれる歯列不正です。歯と歯の間に隙間が空いており、食べ物が詰まりやすくなっています。また、隙間から空気が抜けるので発音が不明瞭になる場合もあります。

  • 深い咬み合せ(過蓋咬合)

    過蓋咬合上下の歯が深く噛み合いすぎている症状です。下の歯が見えないくらい深く噛みこんでおり、上下ともに余分に歯がすり減ってしまう可能性があります。

戸田市で矯正歯科をお探しの方は無料相談へお越しください

矯正歯科

戸田市で矯正治療をご検討の方は、ぜひ当院にご相談ください。矯正専門の歯科医師が無料相談をうけたまわっておりますので、治療法や期間、費用など、わからないことは何でも気軽にご相談頂けます。

歯並び矯正は年単位で時間もかかり、治療費も決してお安いものではございませんので、セカンドオピニオンなど積極的に利用し、複数ドクターの意見を聞いてみてください。