いびき(睡眠時無呼吸症候群)

いびきや睡眠時無呼吸症候群は、歯医者で治療できます

睡眠時無呼吸症候群

いびきがひどくて悩んでいる、熟睡できなくてお昼にひどく眠くなる、しっかり寝て起きても疲れが全然とれないという方は、なにかしらの睡眠障害があると考えられています。このようなことの原因は精神的なものを除けば、いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)が原因である確率が非常に高いでしょう。この睡眠時無呼吸症候群やいびき改善について、当院では病院と連携し、治療を行なっております。

当院は、戸田中央総合病院と連携しております

戸田中央総合病院当院では、戸田中央総合病院と提携した「いびき・睡眠時無呼吸症候群外来」を行なっております。

戸田中央総合病院にて、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあり、歯科的治療が必要な場合は、当院が紹介先歯科医院という形で提携しております。

逆に当院の患者様でも疑いがある場合は戸田中央総合病院をご紹介しております。

いびきや睡眠時無呼吸症候群は命にかかわる病気です

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間に呼吸が止まる病気で、主に、いびきがひどい人に多く見られます。いびきがうるさいと良く言われるという方は、寝ている時に呼吸が止まっている可能性がありますので、ご家族の強力を仰ぎ、確認してみると良いでしょう。重度の睡眠時無呼吸症候群(SAS)を放置すると7~8年で37%の確率で死亡すると言われています。

  • 眠っている間に無呼吸が、一晩におおよそ30回以上生じる病気です。
  • 気道(鼻や喉)が何らかの理由で塞がってしまい、呼吸ができず、窒息状態になります。
  • 症状は激しいいびきです。そのいびきが10秒以上、時には60秒位消失し、再度激しいいびきが出現、その繰り返しがみられます。

有病率3~4%の病気です、恥ずかしがらないで!

日本人の3~4%がこの睡眠時無呼吸症候群で苦しんでいるという報告が上がっております。いびきがうるさいということを恥ずかしがって受診をしない方が多いようですが、恥ずかしがることはありません。オーソドックスな病気ですし、放っておくと命にかかわります。ぜひお気軽に受診してください。

sample

いびき、睡眠時無呼吸症候群の歯科的治療方法:マウスピース

睡眠時無呼吸症候群にはさまざまな治療法があります。その中でも、歯科医院で行われる治療は、「気道確保を目的としたマウスピース治療」になります。

患者様の型をとり、下顎が前に突き出すようになるマウスピースを製作します。

それを就寝時に装着していただくことで、下顎が前に出ることで気道が広がり、結 果、いびきが無呼吸の症状が緩和します。

いびき、睡眠時無呼吸症候群の治療の流れ

▼検査、入院は戸田中央総合病院で行います。

STEP①

診察(問診)、検査内容の説明、入院予約

STEP②

入院日:火~金曜日午後 1泊2日 入院手続き、採血、心電図、頸動脈エコー、頚部MRI、呼吸機能検査など。
夜9時から終夜睡眠ポリグラフィ検査開始 翌朝6時終了 午前中退院 (*お仕事へ出勤の方は早朝退院ができますので、翌日がお仕事でも大丈夫です。)

STEP③

診断(解析)・結果説明。治療方針の決定。下記の治療方法のいづれかもしくは、複数を行います。
①生活習慣病の改善指導 ②CPAP導入 ③耳鼻科的手術 ④歯科装具(マウスピース)

測定項目

・脳波(EEG)、鼻・口の気流、胸部・腹部の換気運動、眼球運動(EOG)、筋電図(EMG)、いびき音、体位、酸素飽和度、他

戸田市でいびき、睡眠時無呼吸症候群の治療をご希望の方へ

睡眠時無呼吸症候群

このように、いびきや睡眠時無呼吸症候群は命に関わることですので、できるだけ早い受診をオススメします。また、いびきが軽減することで、パートナーの負担を少なくすることにも繋がります。戸田で、いびき治療、睡眠時無呼吸症候群の治療を検討中の方は、ぜひ須藤歯科医院までご相談ください。