つめ物・かぶせ物

美しさを追求する最新の審美歯科治療

審美歯科

  • 前歯に隙間があり、人に見られるのが嫌
  • 銀歯が目立つのをどうにかしたい
  • 歯並びが悪いといわれてしまった
  • 欠けてしまった歯を治したい

こうしたお悩みを解決し、自信の持てる歯に導くのが当院に審美歯科治療です。

  • 金歯

  • セラミックインレー

前歯の変色治療例

審美歯科治療例1

前歯の色の変色を気にされ来院されました。根の先に膿が溜まっていたため根の治療を開始。

審美歯科治療2

右側の天然歯の前歯の色と形に合わせて技工物を作成していきます。より自然な感じを出すため、右側の天然歯の粗造感や白斑をジルコニアにも再現し満足していただけました。

前歯の変色治療例2

審美歯科治療例3

左上1番の前歯の色の変色を気にされ来院されました。ファイバーの土台を装着し、右上1番の天然歯の色を形にあわせて作成していきます。右の前歯の丸みをジルコニアでも再現でき自然な感じに仕上げることが出来、満足していただけました。

前歯の変色治療例3

審美歯科治療例4

左右1番目の歯が、以前行ったレジン充填治療の経年劣化により変色しておりました。古いレジンを除去し、再度レジンで形成し審美回復を致しました。

左の前歯の被せものにヒビが入った症例の治療例

審美歯科治療例4

根の一部が露出し、被せものと根に段差が認められます。さらにその部分が黒ずんできているのがわかります。また、左右の歯の長さと色調の不一致が認められます。

審美歯科治療例5

ファイバーの土台を入れ、被せものの適合を高めるため、歯肉と歯の間に圧排糸を入れ、型を取ります。ジルコニアにて、右上1番の中央の褐線、先端の白斑も再現して作成しました。審美歯科は、適合はもちろんのこと、いかに自然に天然歯のように被せ物を作成するかが重要です。

顔全体で考える当院の「審美歯科の基準」

審美歯科の基準

審美歯科は、歯を少しでも白くすればそれで良いというわけではありません。顔全体とのバランスを考えて、白さや形を決めていく必要があります。当院では、審美歯科治療に関して次のような基準を持ち、治療にあたっています。

  • 歯の形態歯の形:1本1本の歯を調整し、理想的な歯並びをめざします。

  • 唇との調和スマイルライン:笑顔のときに見える前歯の並びを男女別でととのえます。

  • 性別性別:男女で理想的な歯の形が違うので、各々に応じて形をととのえます。

  • 年齢年齢:年齢に合わせた自然な歯の形や色に仕上げます。

  • 相対的歯冠長バランス:歯列や位置を全体的に把握し、美しい形にととのえます。

  • 正中線顔との調和:顔の中心と歯並びの中心が合わさるようにします。

  • 歯の特徴づけ歯の特徴づけ:天然の歯と見分けがつかないくらい精巧なものに仕上げます

  • 肌の色肌の色:肌の色を考えて、印象が良くなる歯の色を選択します。

  • 素材素材:お口の状態に合わせ、理想的な素材を選んでいきます。

優秀な歯科技工士の存在が優れた審美歯科治療を支えている

歯科技工士

歯を削った部分に装着する詰め物や被せ物は、歯科技工士という歯科医師とは別の専門家によって作られています。なぜなら、歯の形にセラミックや金属を加工することには、特殊な技術や知識が必要だからです。

審美歯科治療で使われている詰め物や被せ物は、天然の歯と見分けがつかないくらい精巧で、まさに芸術作品です。歯科技工士の腕が良いほど天然の歯に近くなるのは言うまでもありません。詰め物や被せ物は、他の人に見える可能性のあるものなので、高い完成度が求められています。当院では、質の高いものを作ってくれる歯科技工士と提携しています。

当院専門の歯科技工士と連携しています

当院では、自社で歯科技工所を保有しておりますので、当院専門の歯科技工士があなたのつめ物や被せ物を製作します。歯科医師と歯科技工士が密に連携できる体制があるからこそ、最適な制作物となり得ると考えております。

審美歯科

一人一人に合わせた素材を提案

審美歯科保険治療で用いられるのは、プラスチックか金属の補綴物(ほてつぶつ:詰め物・被せ物など)です。こうした素材は見た目に配慮されたものではないので、歯の見た目を美しくしたいと望まれる方は自由診療で用いることのできる素材を選択していただくことになります。

当院では、歯や口が持っている機能を損なわないことを前提として、長期間安定して使えるかどうか、見た目に美しいかどうか、虫歯になりにくいかどうか、金属アレルギーがあるかどうかなどを考慮して、患者さまに適した素材をご提案しています。

ご予算に合わせて無理のない素材をご提案します

審美歯科審美歯科治療で用いる素材は自由診療のため、保険治療に比べると費用も高額になります。

須藤歯科医院では、治療費も考えながら相談していただくことができます。納得した上で治療をスタートできるので、患者さまにもご好評をいただいております。(治療費に関してはこちら)(治療費に関してはこちらから)。

美しさだけではない!機能性を考えた治療工程

審美歯科

お口には、食べたり飲んだり、そして話すといった人間の生活に欠かせない役割があります。からだがどれだけ食事によって栄養を取り入れることができるかは、どれくらい上手く噛むことができるかにかかっています。見た目の美しさを考えるあまり、機能を損なうことがあってはなりません。もし、噛み合わせが悪くなってしまった場合、口だけでなく肩こりや頭痛、腰痛を引き起こす可能性もあります。

審美歯科は、からだ全体のバランスを考えながら行わなければならない治療なのです。そこで、当院では綿密な計画に基づいて治療を行っています。ここで、当院での治療工程をご紹介します。

  • 初期治療を徹底する

    初期治療の徹底虫歯や歯周病は先に治療します。お口が健康であるからこそ、美しさを追求できます

  • レーザー治療で削らない

    ダイアグノデントレーザーを使用することで、天然歯を極力削らない治療が可能になり、詰める部分を最小化することができます。

  • シリコンで型取りする

    シリコンでの精密な型どりお口の中の型を取るのに使う印象剤は、お口の状況に合わせて適した素材を選んでいます。

  • ワックスアップ(形成)

    ワックスアップ(形成)補綴物を作成する際に、シミュレーションを行います。全体をイメージできるようにします。

  • 仮歯の精度を高める

    ワックスアップ(形成)ワックスアップをもとに作成した精度の高い仮歯をお口に装着し、バランスをととのえていきます。

  • 歯肉圧排(しにくあっぱい)

    歯肉圧排歯肉を押し下げて、歯と歯ぐきに隙間ができないようにします。虫歯予防と審美性の向上効果があります。

2次的虫歯予防にも最適なセラミックインレー、クラウン

2次的虫歯「虫歯治療のあとは保険適用の銀歯で治す」

これが日本の常識となっておりますが、実のところ、銀歯は保険適用素材として安価であるものの、見た目が悪いだけでなく、経年変化が激しく、数年で変形し、歯と銀歯の隙間から細菌が侵入し銀歯の下に虫歯が発生してしまうという2次的虫歯の発生が多く見られる素材として世界中で知られています。

「銀歯で修復した虫歯は5年で再発する」

この言葉は歯科医師の中では有名です。ですから、虫歯治療後は経年劣化の少ないセラミックのつめ物や被せ物での治療をオススメしております。

銀歯に比べて高額な治療費となりますが、何度も銀歯で2次的虫歯に羅漢しやり直し、さらに入れ歯やインプラントになってしまうよりも生涯治療費としては、お安く済ませることが期待できます。

  • 銀歯
    ▲一見、問題のなさそうな銀歯も・・・

  • 2次的虫歯
    ▲銀歯の下には虫歯が広がっていることが多い

戸田で見た目も機能も優れたつめ物、かぶせ物をご希望方へ

つめ物、かぶせ物

戸田にて、目立たない詰め物や被せ物を作りたいという方は、ぜひ須藤歯科医院にご相談ください。見た目はもちろんのこと、機能性にも優れた満足いただける補綴物をご提案いたします。