いびきで歯医者さんへ?

投稿日:2019年9月6日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の秀谷です。

9月に入り暦の上では秋になりましたがまだまだ暑いですね。

今日は「いびき」について少しお話しします。

皆さん自分またはご家族で、いびきをかいたり、呼吸が止まったり
している方はいますか?

いびきは睡眠中に舌や軟口蓋、のど周囲の筋肉の弛緩により空気の
通り道(気道)が狭くなり、そこを空気が通る時にのどの壁が振動
することによって起きる音です。

つまり、いびきをかくことは気道が狭くなっているサインであり、
呼吸が止まってるときは気道が塞がっている証拠なのです。

これらは閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)の主な症状であり、
気道が塞がると体内に取り込む酸素量が低下し、身体のさまざまな
ところに負担がかかります。

そのため重症化すると、高血圧症や脳卒中、心不全などのリスクが
2〜4倍以上になると言われており、日常生活にさまざまな障害を
引き起こしてしまうことがある危険な疾患なのです。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の検査は総合病院のいびき外来や
耳鼻咽喉科で検査できます。治療法は主に生活習慣改善、空気を
送り込むCPAP装置、そして歯科ではスリープスプリントという
マウスピースによる治療法があります。

良質な睡眠は健康のために大切なことです。

いびきがうるさい

呼吸が止まっている

何度もトイレに起きる

しっかり寝てるのに日中に強い眠気や疲れを感じる

などの症状があれば一度検査を受けてみてください。

当院はいびき(睡眠時無呼吸症候群)用のマウスピース治療を
行なっております。いつでもご相談ください。

詳しい情報は当院ホームページいびき外来もご参照ください。

戸田公園 予防歯科を中心に、審美、入れ歯、インプラントの先進医療まで
丁寧なカウンセリングを大切にする街の歯医者さん「須藤歯科医院」

■ 他の記事を読む■