無痛治療

歯医者嫌いでも通いやすい「痛みの少ない歯科治療」

無痛治療

歯科医院が苦手という人は多いですが、その理由に良く挙げられるのが「痛い」「怖い」という点です。須藤歯科医院では、歯科医院が苦手な人に対して「無痛治療」をおすすめしており、痛みに敏感な人にもご好評をいただいています。一体どうして痛みが少ないのでしょうか。その理由をご説明いたします。

須藤歯科式 痛みを抑えた歯科治療

痛みを抑えるための4つのアプローチ

須藤歯科では、歯科治療で生じる痛みを抑えるために、次の4つの方法を行っています。痛みをゼロにすることはできませんが、これらの方法によって治療前から治療後に至るまで、できるだけ痛くないようにすることが可能です。

sample

  • ①表面麻酔を使う

    ①表面麻酔を使う歯科治療の最初に行うのが麻酔注射です。針を刺すことになるので痛いのは当然ですが、当院では注射の前に表面に塗るタイプの麻酔を使っています。この麻酔で皮膚の表面を麻痺させておくと、注射による痛みを感じにくくなります。

  • ②超極細麻酔針を使う

    ②超極細(33G)麻酔針を使う注射による痛みを左右するのは注射針の太さです。太ければ太いほど痛くなるのは言うまでもありません。当院では、歯科麻酔用として現在使われている注射針で最も細い33Gという針を使い、刺したときの痛みを最小限に抑えるようにしています。

  • ③注射の仕方にこだわる

    ③注射の仕方にこだわる意外と知られていないことですが、麻酔注射は打ち方によっても痛み具合が変わります。当院では、針を粘膜に「刺す」のではなく、針に粘膜を「持っていく」という感覚で注射します。細かい違いと思われるかもしれませんが、この違いが痛みを抑える秘訣なのです。

  • ④電動麻酔を使う

    ④電動麻酔を使う麻酔液を注入する際、ドバっと麻酔液が入ってしまうとその圧力で痛みを感じることがあります。一般的に注射は手動で麻酔液を入れていくことになり、まれにドバっと入ってしまうことがりますが、当院ではこれを一定のペースで自動で入れてくれる、電動麻酔器を使用し、麻酔時に痛みが出ないようにしています。

戸田公園で痛くない歯医者をお探しの方は当院にご相談ください

無痛治療

このように須藤歯科医院では、歯科医院が苦手な方でも気軽に通っていただけるよう、痛みを抑えた治療を心がけていますので、戸田公園にて痛くない歯医者をお探しの方は、ぜひ当院にご相談ください。

実際受診されて、「思っていたより痛くなかった」と述べられる方も多いです。「痛い」「怖い」という理由で歯科医院に行くのを先延ばしにしていると、症状がさらにひどくなってしまいます。早期治療こそが最高の無痛治療ですから、できるだけ早い受診をおすすめします。